『A+M』雑貨大百科
2009/08/15
*DIY初級編*
〜ペンキと道具の話〜





絶対・・・家具や小物は買うより作ったほうがぴったりだし安上がり!
我が家は この棚ほしいんだけど 買うと ○万円・・・
作ると数千円だよね。を合言葉に作ることが多いです。

そして 実は 作る前には とりあえず 手持ちのものを
塗る作業をします。
色を塗って少し板を渡すだけで簡単収納家具が出来るから
とりあえず DIYの一歩は塗ることから。

ペンキと道具についてまとめてみました。




1.アクリル絵の具




お気に入りの絵の具
蓋は白く塗られてます。
100円やDIYショップで安く売られている刷毛が便利です。

ペイントしよう!と思ったらまず考えるのがペンキの種類。
アクリル絵の具→水性ペンキ→オスモやリボスのワックス塗料と
出番におおじて使い分けます。

特に アクリル絵の具は はじめは 水性で かわくと 水にぬらしても落ちないので
めちゃめちゃ重宝します。
木にもガラスにも専用の定着液を用いれば布にもかけるし便利です。
つるつるで塗りにくいものにも使えるし
洗うときは水でもOKなのもいいよね。
私は アクリル絵の具さまさまです。

ちなみに 100円ショップでも売っていますが
個人的には画材屋さんやホームセンターのがオススメ!
塗った後のペリッっと剥げかたと 重ねて長時間放置したときに
ほかのものにくっついてはがれにくいってことが少ないのが◎。



*ターナー三原色カラー+ホワイト*

家具を塗るときは 基本は 白+黒
それに 自分好みのアースカラーをいれるときに赤+黄+青を使います。
基本的に 色をそろえるのは これだけで十分。
(+シルバーもあると使うかな?)
これは こどもの絵の具も同じで・・・
3色で色を作れるようになるようにしておくと
自然の色も自分で作りだせるのでいいですよ。




*リキテックス ブラックジェッソ*
黒は下地材ですが絵の具としても使えます。

ちなみに ターナーは 少し使う3原色カラーと
白は大量に使うので下のイベントカラーというのを買ってます。
これは すっごく安いですが 蓋が緑で気になったので
白く塗っちゃってます。
大きな黒は リキテックスかホルベインを・・・愛用。







すぐにつかえるように・・・
実は 上の写真のようにリビングにボンドやアクリル絵と筆を
適当においています。
ボンドは 緑の蓋をシルバーにぬってます。



*ボンドや接着剤*

ボンドも大量に使うので詰め替え用を買っています。
1つ大きなボトルでかったらあとは詰め替えるだけ。


2.水性ペイント

アクリル絵の具の次に塗りやすいのは水性ペンキなのですが
わたしは あんまりペンキを使わないタイプかな???
アクリル絵の具が小物 オスモやリボスが大物というざっくりした
分け方なので
アクリル絵の具では量をつかって 絵の具がもったいないぐらいの
大物だけど オスモやリボスを使うほどでもなさそうな家具
っていう微妙なラインで水性ペンキを使います。

ちなみに ペンキには 水性と油性塗料がありますが
絶対というかDIY初心者には100%水性塗料が扱いやすいです。
基本 水性というと 水でとけるの???って思って
油性塗料を買う人もいるみたいですが・・・
水性でも屋外用もあるので 全然OKです。
(でも 買う前に ペンキの缶の後ろの塗れるもの使用場所を確認してね。)

ちなみに 油性ペンキは シンナー臭がするし
かわくのがとってもおそく
うすめるのも手についたのを落とすのも
ペイント薄め液・・・シンナーのようなものが必要なので面倒です。

ちなみに 水性ペンキは 水で薄めれるし
少しなら水でじゃーーーっと流せます。
でも つきすぎると落ちにくいよ。
ペイント薄め液が必要な場合もある。

そうそう 水性塗料もいろんな外国のメーカーからも出てて
かわいいものもあるのですが
わたしは 白く塗ることが9割ですので
結局 近くのホームセンターで買います。

外国の素敵な色が必要ない悲しいかな現象っす。





3.オスモとリボス

オスモとリボスを使うのは 
大切にしたい無塗装(作った家具)が中心です。
基本 オスモとリボスは ワックスなので
何度か塗り重ねないと ばっちり真っ白にならないのですが
しみこむワックスのため 水性塗料のようにべリって剥がれない利点があります。

でもあのベリっとはげたアンティークな感じも使いたい場合が
あるので そこは水性塗料とオスモか?と悩むといいかな???

ちなみに オスモもリボスも自然塗料なので安心素材です。
オスモカラーは ドイツ最大手の木製品メーカー
「ドイツオスモ社」が木材・木工の専門家の立場で開発した
人や動植物にやさしい無公害塗料で
自然の植物油と自然の植物ワックスを何度も精製
不純物を除去したものです。
木に深く浸透し、木の呼吸を妨げないのです。

リボスカラーは 無農薬、有機栽培で
食品レベルの亜麻の花を主原料に
ビタミンを壊さないよう製造時においても一切の熱
高圧 薬品を使用していません。
昔ながらの方法でこれらの天然原料が持つ力のすべてを抽出しています。
また 単に天然成分で満足するだけでなく
「天然成分であっても人体に有害な物質は排除すべき」という考えを持っています。
ちなみになめても安全な塗料とあります。

まぁなめることはないので いちおうどっちか?を
使っているのですが
個人的には オスモのほうが 塗りやすいと思います。

けれど・・・小さな缶は オスモの方が安いのですが
大きな缶だとリボスの方が安いので
ケースバイケースで使い分けています。

*リボスの大缶の使用感*

リボスの大缶を使ったので感想を少し・・・
というか リボスってどのくらい減るか?なのですが
おおきなお家を塗ってみたのです。

どうかしら???



1.まず 蓋をあけると 白い液体が沈殿しているので
棒でぐるぐるかきまぜます。
2.ぐるぐるかき混ぜたら こんな風に白くなるので 塗装開始。
3.大きなおうち・・・これをまるごと塗りました。
4.で・・・このぐらい減りました。

どうかしら???


家を建てた後とか 施行主みずから塗装する場合は
だんぜん リボス10L缶がお得ですが
普通にDIYするなら オスモがおすすめです。



*リボスカルデット 10L缶*




*オスモ 2.5L缶*
我が家は ホワイトスプルースを何回か重ねてぬっています。


*雑貨*



























| Top | Diary | Link |Zakka |




最近の記事
*家計管理・節約+ダン・・*
*イラスト 素材 無料・・*
*ゴスロリ 手作り雑貨*
*グアムのプール*
*レオパレスリゾート*
*グアム 買い物日記-ァΑΑ
*白黒収納シール モノ・・*
*収納ラベルシール 無・・*
*赤ちゃんグッズ 比較*
*カゴバックの作り方*
*お取り寄せスィーツ*
*キャンプ場とキャンプ・・*

最近のコメント





『 A+M 』 雑貨大百科
- Topics Board -